カイロパス・ルクソールパスでお得にエジプト観光!高額な観光地にも行き放題に【エジプト】

Tips

先日行ったエジプトについて記事を書きたいと思います!

エジプト観光では「カイロパス」・「ルクソールパス」という観光パスがあります。
私も訪問した際に利用を考えていたのですが、最新の情報があまり見つけられなかったので簡単にまとめてみました💪

スポンサーリンク

パス購入でお得に観光できるかも!

エジプトには非常に多くの遺跡や博物館があります。
カイロパス・ルクソールパスはその多くの観光施設で使える便利なパスで、これらの観光パスを買うとチケットを個別に買うよりもお得に観光できる場合があります

特にカイロとルクソール両方に行く場合はパスを利用したほうがお得になるケースが多いです

具体的には、入場料が高額な王家の谷の「セティ1世の墓」や王妃の谷の「ネフェルタリの墓」に行く方は基本的にはパス利用がおすすめです。
その二つに行かずとも、観光地をたくさん網羅したい方や単価の高い観光地を複数回訪ねたい方はパス利用が選択肢になります。

この観光パスは私が訪問した2023年4月時点はお得感の薄いものでした。
しかし、2023年6月および12月の二度に渡って各観光地のチケット料金・入場料が大幅に改定(値上げ)された結果パスが魅力的になりました
 

 

カイロパス・ルクソールパスとは

パスの概要

カイロパス・ルクソールパスはエジプトの主要な遺跡や博物館を自由に見学できるフリーパスです。
5日間有効で対象施設では期間中何回でも使うことができます。

エジプトでは、古代エジプト王朝からローマ帝国、中世イスラーム王朝と高名な国が栄えてきており、長きに渡ってその要衝となってきました。
そのため遺跡や博物館が多く、見るべきものもたくさんあります。中には高額な観光スポットもあるため費用もかさんできます。

それを一枚で見放題にしてくれる魔法の道具がカイロパス・ルクソールパスなのです!

カイロパス

カイロパスは、カイロやギザ、メンフィス、ダハシュール、サッカラの遺跡や博物館で使うことができます。

カイロの考古学博物館やシタデル、ギザの三大ピラミッド(内部見学込み)はもちろん、サッカラの世界最古のピラミッドやメンフィスの博物館など、カイロ周辺の観光施設の多くを網羅しています。
ただし、大エジプト博物館やエジプト国立文明博物館などは残念ながら対象外です。

カイロパスの料金は$130(学生$70)です。

パス料金(USドル) 一般  学生 
カイロパス13070
ルクソールパス(スタンダード)   13070
ルクソールパス(プレミアム)250130

 

ルクソールパス

ルクソールパスは、ルクソールの西岸・東岸のすべての遺跡や博物館で使うことができます。
カルナック神殿やルクソール神殿などの東岸の遺跡や、王家の谷・王妃の谷をはじめとした西岸に点在する遺跡への入場が可能です。

ルクソールパスにはスタンダードとプレミアムの二種類あります。
プレミアムは、入場料が高額なセティ1世の墓(@王家の谷)やネフェルタリの墓(@王妃の谷)でも使うことができ、料金は$250(学生$130)です。
スタンダードはその二つの墓以外の施設をカバーしていて料金は$130(学生$70)です。

カイロパス・ルクソールパスは、いずれかを所持している場合にはもう一つのパスの購入時に50%の割引を受けることができます。後から買ったパスが半額になる感じですね。
カイロパスを先に購入して観光した後にルクソールに行った場合は、定価$250のプレミアムのルクソールパスを$125で買うことができます。

 

購入方法

購入場所は、カイロパスは考古学博物館やギザのピラミッド、ルクソールパスはカルナック神殿や王家の谷になります。
チケットオフィスで尋ねると購入場所に案内してくれます。

つい最近までは、カイロのザマレクにあるエジプト観光・考古学省のオフィスで両パスをまとめて購入できたそうですが、現在では購入できなくなっています。

なお、パスの購入にはパスポートサイズの写真とパスポートのコピーが2枚必要です。
支払い現金のみな点にも注意が必要です(ドルだけでなくユーロでの支払いも可能です)。

 

パスとチケットの料金比較

カイロパス$130、ルクソールパス(プレミアム)$250に対して、パスの対象となる主要観光スポットのチケットの料金がそれぞれいくらなのか見ていきたいと思います。
※ルクソールパスのスタンダードはプレミアムよりお得感が低いので割愛させていただきます。

カイロ近郊料金(EGP)
ギザピラミッドエリア540
 -クフ王ピラミッド内部900
 -メンカフラー王ピラミッド内部220
サラーフッディーン・シタデル450
エジプト考古学博物館              450
コプト博物館230
イスラム美術館270
サッカラピラミッドエリア450
 -ジェセル王ピラミッド内部220
メンフィス博物館150
合計3,880
ルクソール料金(EGP)
カルナック神殿450
ルクソール神殿400
王家の谷600
 -セティ1世の墓1,800
 -ツタンカーメンの墓500
 -ラムセス6世の墓180
王妃の谷180
 -ネフェルタリの墓2,000
ハトシェプスト女王葬祭殿360
メディネットハブ200
ラムセウム                    180
ルクソール博物館300
合計7,150

パスの対象となる主要観光地のチケット料金の合計は、カイロパス分が3,880EGP(エジプトポンド)、プレミアムのルクソールパス分は7,150EGPとなっています。
なお、学生のチケット料金はほとんどは半額ですが、セティ1世の墓やネフェルタリの墓は割引が効かないのでご注意を。

 

以上を元に、2023年12月17日の為替レートの1EGP=4.6円、1ドル=142.12円でチケットとパスの値段を日本円で比較すると下表のようになります。

チケット料金(A)パス料金(B)差額(A-B)
カイロ\17,848\18,476\-628
ルクソール\32,890\17,765\15,125
合計\50,738\36,241\14,497

カイロパスは$130、ルクソールパス(プレミアム)は$125の合計$255で試算しています。
パスはどちらか片方を持っているともう片方の購入時に半額の割引が効きます。
ですので、本来250$のルクソールパス(プレミアム)を割引の125$で購入する想定にしています。

 

このとおり、カイロとルクソールの主要観光地に訪れると個別にチケットを買うよりもパス利用のほうがお得になる計算です。

上記の観光地のいくつかに行かない場合でも、高額なセティ1世の墓(1,800EGP)やネフェルタリの墓(2,000EGP)に行かれる方は基本的にパスを買ったほう良いです。

滞在日数が長く上記以外の対象施設にも行く場合や対象施設に複数回訪れる場合にはさらにパスの魅力は増します
また、ハイシーズンであればチケットの購入には時間がかかりその都度買うのは面倒になることも考えられますので、快適に過ごすためにパスを買っておくという選択肢もあるかもしれません。

しかしながら、カイロとルクソールのどちらか片方にしか行かない場合には主要観光スポットに行くのみではパスの料金の元を取るのは難しいです。
記事内でも何回か触れましたが、カイロパス・ルクソールパスは後から購入するもう一方のパスが半額割引になる制度があるため、両方の都市に訪れる場合にパスの利用がお得になりやすいといった格好です。

 

まとめ

エジプトでカイロとルクソールの両都市に行かれる方には観光パスの利用がおすすめです!
為替レートや訪問予定の観光スポット数などを踏まえて検討して、お得にエジプト旅行を楽しみましょう。

個別のチケットやカイロパス・ルクソールパスの料金は今後さらに改定されることもあるかと思いますので、冒頭で紹介した政府公式のサイトなどで最新の料金を確認しておくのがベターです。

コメント お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました